紫外線が肌の老化を招く

子供の頃、夏休みにグレープフルーツを食べて、手にその汁が付いたまま
外に遊びに出掛けたため、汁が付いた部分が日焼けをしてしまいました。
それが、大人になった今も取れません。
少しだけ他の部分より皮膚が硬く乾いた感じで、いつも小麦色です。
美白クリームを念入りに塗っても何の改善も見られません。
幼い頃から帽子をし日焼け止めを塗っておけばよかったと後悔しています。

 

中学生の頃、サッカー部の顧問の先生が顔の皮膚がんになり外科手術で癌を摘出していました。

 

単純に色が変わるだけでなく、ガンも発生させるかと思うと、日光の紫外線は本当に怖いです。

 

紫外線が皮膚にあたると防御反応のため、メラニンを分泌します。
これが日焼けです。メラニンが光を吸収することで、
紫外線が皮膚の内部に入るのを防いでいます。
紫外線にはUV-A波とUV-B波があります。

 

UV-A波は皮膚の表皮の奥にある真皮まで到達し、コラーゲンやエラスチンを破壊し
皮膚免疫力を低下させます。シミ、しわといった肌の老化原因となります。
このUV-A波は雲を通り抜けるため、天気が悪い日にも日焼け止めをつけないと
紫外線を浴びてしまいます。

 

UV-B波は波長がUV-A波より短いため、皮膚の表皮まで到達します。そこで細胞を破壊し
炎症を起こします。日焼けしない人の顔が赤いのは、細胞が炎症を起こしているためです。

 

日焼け止めにはSPFとPAの表記がありますが、SPFはUV-B波を防御効果を表す指数で
PAはUV-A波の防御効果を表す指数です。
この数値が高いほど効果がありますが、べったり付けないと効果がないそうです。
また数値が高いほど肌への負担も大きくなります。

 

光が差し込まない曇った日に日傘を差し、サンバイザーをしている方をたまに見かけますが、
日焼け止めを減らし肌をいたわりつつ徹底的な紫外線対策をしているんだろうと想像します。

 

ただこの紫外線は、日光だけが発生元ではありません。
パソコン、ハロゲン、蛍光灯などからも微弱ではありますが出ています。
パソコンは微弱ながらも長時間使用を続けていると体に悪そうなので、
私はパソコンの画面にUVカット効果のあるシートを張り付けています。
紫外線は皮膚だけでなく、白内障の原因でもあるため眼鏡もUVカット仕様です。
また室内の照明は紫外線を出さないLEDを使用しています。

 

以前はそんなに対策してこなかったのですが、シミが濃くなってきて
気になりだし今では、日焼け止めは顔だけでなく年齢が出やすい首や手にもつけるようにしています。

 

顔にほくろの様な2o程の濃いシミが出始めた頃、レーザー治療をした事があります。
レーザーでシミの部分を焼くと、かさぶたのようなものができ、1週間ほどたつと
ポロッとそのかさぶたが取れてピンクの皮膚が出てきます。
レーザーで焼くためチクッと痛いです。
かさぶたが取れた部分は、日焼けには注意するようアドバイスされました。
私の場合かさぶたが取れた直後はシミは薄くなったのですが、日焼けに注意していても
しばらくすると元の色に戻ってしまいました。

 

レーザーで焼く前にスタッフから「この色の薄さだと消えないかもしれませんよ」と
言われるぐらいシミとしては薄すぎたために消えなかったようです。

 

シミを取りたかったので美白クリームや美白スティックなどを試しサプリも
飲みましたが、顔全体は明るくなるもののシミは消えた試しがありません。
年齢とともに濃くなる一方です。

 

紫外線の影響は、数十年後に出てくるため気が付いてからは遅いです。
やっぱり予防が一番です。