サプリメントに頼りすぎない

十数年前に健康オタク本を読んで、活性酸素という言葉を目にしました。

 

人は呼吸をしなければ生きていけません。
呼吸をすることで、体の中で酸素から二酸化炭素へと化学反応が起きています。
この過程で、活性酸素という物質が2%の割合で化学反応によって起きているそうです
酸素は不完全燃焼すれば一酸化炭素という中毒死をもたらす怖い物質に変身してしまいます。
同じように活性酸素も毒物で、酸素から細胞を傷つけてしまう怖い物質に変身するんだそうです。

 

細胞を傷つける事で、皮膚の再生を邪魔したり、正常な細胞をコピーできず癌細胞が増えたりします。
メラニン色素は、その活性酸素を除去するため増加をします。その結果シミやくすみが増えてしまいます。

 

そのため、活性酸素が老化の原因とまで言われていました。

 

活性酸素は、紫外線、喫煙、ストレス、風邪など様々な要因で増えてしまうので
増やさないようにするには、紫外線を浴びない、タバコを吸わない、
ストレスを溜めない、風邪を引かない事が大事です。

 

その本の中で、ビタミンC、ビタミンEはその活性酸素の反応を抑える
抗酸化物質であり、最強ビタミンだと大々的に取り上げられていました。

 

ビタミンCは、その他にもコラーゲンの生成を促し、シミを予防し、免疫力を高めるため
私にとっては魅力的なサプリメントです。

 

それを知ってから、気が向いたときにビタミンCを摂取するようになりました。

 

会社の同僚から「風邪を引かない様にするために、1日1000mgビタミンCを摂取していて
おかげで全く風邪をひかなくなった」という話を聞き、ビタミンCの摂取量を増やしました。
もちろん1000mgなんて食物からはとれないためサプリメントからです。

 

当時、ある健康番組が人気でそれ見るようになってから拍車がかかってしまいました。
女性には骨粗症が多いと聞きカルシウムサプリメントを摂取し、
肌あれにはビタミンBが良いと聞いてはビタミンB群のサプリメントを摂取し、
目が悪いので肝油ドロップを摂取し、
女性ホルモンが足りなくなっていると増やすためにビタミンEを摂取し
美白にあこがれハイチオールCを摂取し、
疲れた時にはコエンザイムQ10、アミノ酸、栄養ドリンクを飲むなど、
サプリメントに頼るようになってしまいました。

 

年を重ねていくと不安にかられて増えていったんでしょうか。

 

芸能人で朝ごはんは食べずサプリメントをとっていますという方が
いらっしゃいますが、その一歩手前です。

 

でもふと、本当に効いているのか疑うようになりました。
美白サプリメントをとっても、全くシミが消えなかったからです。
コエンザイムQ10を飲んでも疲れはとれた気になるだけ、
栄養ドリンクは実際はカフェインで刺激されているにすぎないことを知ったので
カルシウム以外のサプリメントを摂取する事を止めてみました。

 

するとどうでしょう。
ビタミンCを摂らなくても風邪は引かないし
ビタミンBを摂らなくても肌は荒れません。

 

摂らなくても大丈夫みたい。

 

その頃食事に気を使っていたため食事をちゃんとしているから不要なんだと気が付きました。
メインではなく、やっぱり補助的に摂ることが大事だと認識しました。

 

でも、老化は防ぎたいので美白効果のあるビタミンCと
骨そ症予防のためのカルシウムだけは今も欠かせません。