水をたくさん飲んでもダメだった

水をたくさん飲むと、尿から老廃物がどんどん出ていき
新陳代謝がよくなるという話を聞きました。

 

デトックス効果があり、美容で有名な佐伯チズさんはコントレックスという
ミネラルウォーターを毎日2リットル飲んでいるそうです。
2リットルと言うのは、通常に摂取する水分量では老廃物を排出できないため、
リンパの流れをよくして老廃物を出すための目安量だそうです。
有名なモデルもミネラルウォーターをたくさん飲んでいて
新陳代謝が良くなるとむくみも解消されるとのこと。
私は、毎朝顔がむくんでいるため、特にまぶたのむくみがひどかったため
代謝が良くなるならと真似をすることにしました。

 

わたしは硬度の高いミネラルウォーターを飲むとお腹がゆるくなってしまうため軟水にしました。
冷たいものを体の中に取り入れると、体は熱を発生させて温めようとする作用
があるため湯ではなく水がいいのだそうです。

 

夏に始めたのですが、水を飲むと汗をたくさんかくので
老廃物がでていっている感じがあり続いたのですが
秋になり冬になるにつれ水を飲む事が辛くなってきました。
冬場は水は冷たいし、水分を摂る分トイレが近くなり、会社のトイレは極寒だったからです。
そして、オフィスでは相変わらず足がむくんでいます。

 

そのため、新陳代謝が良くなるどころか逆に熱を逃がし、
冷えにつながっているのではないかと疑い出しました。

 

おかしい。私と同じように何の効果もない人がいるんじゃないかと思い
ネットで調べると同じように疑問に感じている人がいます。

 

水のたくさん飲む事が本当にいいかどうか調べると次の事が分かってきました。

 

尿の中には老廃物だけでなく塩分も含まれています。
水を飲みすぎると、トイレに行く回数が増えそのたびに塩分も出ていってしまうため
細胞は塩分を逃さない様にその水を吸水しないのだそうです。
そうなると老廃物も出ていかず、胃と腸を通り抜けるだけ。胃と腸を水で冷やすだけです。
また腎臓には絶えず水が運ばれ強制労働をさせてしまうため、腎臓が疲弊してしまうとのことでした。
腎臓を酷使しても痛みがないため知らないうちに負担をかけていました。

 

水を飲んでも細胞はみずみずしくはならないんです。
単なる水ではなく、細胞に吸収されるような塩分・ミネラルを含んだ水でないと老廃物を出せない。

 

でも私のように効果のない人もいれば、新陳代謝の効果が出た人もいます。
この違いは何なのかと考えた時、やっぱり硬水と軟水の違いなんだろうなと考えます。

 

硬水だとお腹がゆるくなるし、たとえ硬水に体が合ったとしても
腎臓の負担になるなら老化を促進させるのだから
私には合わない健康法です。水をたくさん飲むのはやめたのでした。