冷えが老化のサイン

私は寒がりです。

 

冬はオフィスが床から底冷えで寒かったため足先がすごく冷え手先もいつも紫色、
足の指だけでなく手の指に真っ赤な霜焼けができていました。
また寒い時期の朝は、お腹が痛くなって下痢をする事もよくありました。
夏も冷房が20度設定だと寒くて、カーディガンが必要です。
汗もあまりかきません。それが年々ひどくなっていく一方でした。

 

女性は男性より3度ほど寒さを感じやすいそうです。
筋肉量が女性の方が少ないためです。
詳しく説明すると、筋肉は足の末端から上へと血を送り流すポンプの役割があり、
また筋肉から熱が出るのですが、筋肉の少ない女性は、血の流れも悪くなり
熱の発生量も少ないため冷えを感じやすくなるというわけです。

 

冷えの何が悪いかというと、例えば、しもやけ。これは指の末端へ血が行かなくなったり
血が流れにくくなるために起こります。血流が悪くなる、いわゆる血行障害が原因です。
血液の流れがスムーズでないと代謝も悪くなります。代謝が悪くなると
体の中の不要なものを排出できなくなり、停滞させてしまいます。
老廃物が出ていかないだけではなく、血流が悪いと細胞に栄養が行かなくなり
その結果、体が老化してしまうのです。冷えは老化を促します。

 

冷え症を自覚している人もいれば自覚していない人も多いと思います。
冷え症かどうかのチェック項目は調べればあるので、自覚していない方もチェックをする事をお勧めしたいです。
例えば項目として、手足がいつも冷えている、夏でも汗をかかない、低血圧、肩こりかどうかなどがあります。
私は6割該当していたので、自覚もありましたが明らかに冷え症でした。

 

冷え症だからと言って、たいした対策はしてきませんでした。
女性だから、年をとるとみんなそうぐらいに安易に考え、仕事と家事で
忙しかったこともあり真面目にとらえてはいませんでした。

 

でも、真剣に考えさせてくれたきっかけは、中々妊娠しなかったこと。
基礎体温表ではきれいな波形だったので正常だと診断され、
冷えに該当するグラフを自分のと見比べても違っていたため
冷え症ではないはずなのですが、冷え症のチェックをすれば6割も該当するのだから
私は冷えているのではないかと疑い始めたのです。
冷え症は不妊の原因の1つです。卵子の老化が不妊の原因であるとも言われており、
若々しい卵子であるためには第一に冷えを改善する事が私にとって重要課題となりました。

 

冒頭にも述べたように、霜焼けができやすい、汗もかきにくい、
冬は何枚も着ぶくれするのだから、私の体は冷えているに違いありません。

 

最初は、簡単なことから始めました。
冷えにはしょうがいいと聞きスーパーで生姜チューブを買ってきて
紅茶や白湯に混ぜて飲みました。また緑茶は体を冷やすことが分かったので
血行を良くする蕎麦茶に替えました。
でもそれだけでは、冷えは改善しませんでした。
生姜は本当に効くのか?と疑ったくらいです。

 

それから色々と試した結果、冷えが軽減されたからか下痢もなくなり、生理痛がなくなりました。
また意外な事に、花粉症の症状が軽減し、風邪を全く引かなくなりました。
以前は隣の席の人がしょっちゅう風邪をひくたびに、その風邪をもらっていたのですが
もらう事がなくなったのです。風邪をひく事も活性酸素を増やし老化につながるのですが、
免疫力がアップして風邪菌を寄せ付けなくなったのです。

 

冷えを取り除く事は総じて老化を防ぐ事になると言えます。