いざという時の若々しく見せるための裏技

アンチエイジングは多くの女性にとって永遠のテーマです。
日々刻々と進む老いによる見た目年齢の変化は非常に残酷で、いつまでも美しくありたい女性にとって非常に耐え難いものです。

 

そしてそれは、自分自身が商品であり、日々人目にさらされる芸能人の皆さんにとっては、さらに死活問題。仕事にも直結する重要な問題となります。

 

そのため、女優さんならではの若々しく見せるための裏技がありますのでご紹介しましょう。

 

スポットライト

女優さんの中には、雑誌等の取材の際、自分専用のスポットライトを持ち込む人が少なくありません。

取材会場の多くは事務所の一室やホテルのため、照明機器が十分でないため、そのまま撮影してしまうと顔に影ができ、非常に老けた印象の写真になりかねません。

 

舞台や撮影で使う化粧品であるドーランは非常に落ちにくく、毎日メイクとクレンジングを繰り返すことで肌は荒れ、大女優と言われる人ほど顔に多くのシミやシワがあることは少なくありません。

 

そのため、明るく白く美しい肌と表情に見せてくれるスポットライトは、女優にとって欠かせないものなのです。

 

私達一般女性の場合は自分専用のスポットライトを持ち歩くのは難しいですが、写真を撮る際は上から光が当たるところを避け、顔に光が当たる場所を選ぶだけでも老けた写真にならずに済みます。

 

また年齢を重ねると暗い色の服を着がちですが、思い切って真っ白な服を選ぶと、レフ板効果で顔を明るく見せてくれます。

 

髪をたばねる

女優さんがテレビや雑誌でキッチリと髪をまとめたり、ハーフアップにしている姿をよく見かけませんか?あれは、年齢を重ねると髪がパサつき、ウネりが出ることもあるため、まとめることでキチンと感を出す狙いもありますが、実は髪をきつく縛ることで頭皮が引っ張られ、顔の皮膚のリフトアップ効果があるのです。

 

鏡の前でこめかみをグッと奥に持ち上げてみて下さい。下がってしまっていた目じりもツンと上がりませんか?

 

最近では、皮膚と同じ薄さのテープで皮膚を吊り上げる方法もありますが、簡単に若々しく見えるこの髪型は、女優さんたちの定番です。
私達も簡単に真似ができますから、是非試してみてください。