老け顔は姿勢が原因?

アンチエイジングというと、鏡をのぞき込んだ時に毎日目に映る顔の表情、肌のツヤハリなどに目がいきがちですが、実は老化を早める大きな要因の一つとして、姿勢があります。

 

テレビを見ているとき、PCや携帯をいじっているとき、気が付いたら背中が丸まってはいませんか?
また、出かけた先のショーウィンドウにうつる自分の姿にがっかりすることはありませんでしょうか?

 

背中が丸まり、首が前に傾いた前傾姿勢、いわゆる猫背は常に背中が丸まって格好が悪いだけではなく、骨が歪み、必要な筋肉が衰えてしまいます。
そのため顔の筋肉が衰えて全体的にハリがなくなったり、胸が下垂して垂れ下がってしまい、老化を早めてしまいます。
また、血行が悪くなることで肩こりや背中のコリに悩まされる人も多く、顔色もさえずに疲れた表情になります。筋肉も硬くなるため体の痛みが起きたり、リンパの詰まりが起きることで顔のムクミも生じやすくなるのです。

 

猫背を防ぐには?

対策としては、体に正しい姿勢を覚えこませることで正しい筋肉をつけることが大切です。
まずは強張った筋肉をほぐすために、一日5分で良いのでストレッチをする習慣をつけましょう。
たった5分でも毎日続けることで少しずつ体はほぐされていきます。筋肉をリラックスさせることで気持ちよくなることを体に覚えさせ、家事や仕事の合間など、少しの時間でもストレッチを行う習慣をつけましょう。血流が良くなり、リラックス効果でホルモンバランスも整います。

 

筋肉を柔らかくすることができたら、続いては正しい姿勢を体に覚えさせることが必要です。
背筋を伸ばし、肩を後ろに引いて胸を開きます。すると、下向きになっていたバストもツンと上を向くのが分かるでしょう。

 

この姿勢を意識することで自然と胸筋が鍛えられ、バストアップに繋がります。しかし、胸を張ると腰が反ってしまい、お尻が出たでっちり姿勢になりがちです。
腹筋を使ってお腹をへこませ、さらにお尻もキュッと締めて真っ直ぐな姿勢を心がけましょう。そうすることで自然と体幹が鍛えられ、お腹のぽっこり防止やヒップアップにも効果があります。

 

もし意識がしにくければ、真っ直ぐな壁に背中を向けて立ち、かかと、ふくらはぎ、お尻、背中、後頭部を壁につけます。
この時、腰が浮いているようであれば、腹筋に力を入れてお腹をへこませ、腰と壁の隙間を手のひら程度まで近づけるようにしましょう。
これはモデルさんがよく行う『壁立ち』というストレッチエクササイズで、体のゆがみを正し、足りない筋肉を鍛える効果があります。

 

適度な筋肉がつき、背筋が伸びた美しい立ち姿は凛として美しく、その人を若々しく魅力的に見せてくれます。

また、週に二三度程度で良いので運動で汗をかく習慣をつけましょう。
汗をかき、軽く息が上がる程度の運動は心肺機能を高め、汗によって有害物質の排出も助けてくれます。
汗をかくことによって肌の潤いも増し、良いことづくめです。また、運動することで分泌される成長ホルモンは肌の修復やコラーゲン産生力を高め、若々しい肌を維持することができます。また基礎代謝が上がって太りにくくなり、肌も体も若々しく健康的に保つことができます。

 

健康的な生活は健やかで美しい笑顔に繋がります。
小さなシミやシワにこだわることも良いですが、適度な運動によって筋力や柔軟性を手に入れ、健康的な若々しさを手に入れましょう。